iPhoneが不安定?メモリ解放を試してみよう!

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

iPhoneが不安定でアプリがすぐに落ちてしまうことはないですか?
私はランニングをする際に、記録のアプリを同時に4つ利用するのですが、メモリが不足しているとランニング中にアプリが落ちてしまうことがあります。そうすると、ランニングが終わって画面を見ると、記録が残っていないという悲しいことに。

このような場合に限らず、アプリを同時にいくつも利用してメモリが不足すると、不安定になってアプリが落ちてしまうことが起きやすくなります。

メモリ不足を不足するためには、ホームボタンを2度押してアプリを1つずつ終了させたり、一度電源を落として再起動したりする方法もありますが、メモリ解放アプリを利用する方法もあります。

私が利用しているアプリは、「iMemoryGraph」。

ダウンロードは以下から可能です。アプリ自体は無料ですが、メモリ解放機能を利用するためには、アプリ内購入(¥100)でメモリ解放機能を使えるようにすることが必要です。

iMemoryGraph
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
価格: 無料 (2014.05.25時点)
Junichiro Komizo

 

iMemoryGraph
▲ メモリ解放機能を利用可能にすると追加される右下の稲妻(?)ボタンを押すことで、メモリが解放されます。

何をやってもアプリが起動しないような場合は、他のことが原因の可能性も大きいですが、状況によって落ちたり落ちなかったり不安定な場合は、試してみると改善するかもしれませんよ。

この記事を書いた人

阿部 雅彦 (まさ)

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中3と小5の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。