無料でも利用可!「マネーフォワード」でお金の管理を半自動化

【この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。】


Money

去年からiComptaというアプリでお金の管理をしています。
Mac版とiPhone版で連携できる高機能な資産管理ツールです。

iComptaは結構癖があるアプリですが、 最近は手持ちのクレジットカードやネット証券の口座も登録しています。我が家は小遣い制なのですが、家のものを自分の財布から立て替えて買い物することが結構あります。この家計費への立て替え額がいくらだったかを管理するのにiComptaは欠かせなくなっています。

iCompta 5 を Mac App Store で
「iCompta 5」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。Mac OS X 10.8かまたはそれ以降対応の iCompta 5 をダウンロードして Mac で利用。
iCompta 3を App Store で
「iCompta 3」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットを確認、詳細情報を入手。iCompta 3をダウンロードして iPhone、iPad、iPod touch で利用。

スポンサーリンク

マネーフォワードに乗り換えます

最近、マネーフォワードというウェブサービスを知りました。金融機関と連携して自動で入出金情報を整理してくれる家計簿サービスです。

家計簿アプリ・家計簿ソフト「マネーフォワード」
自動の家計簿アプリ「マネーフォワード」は、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を自動でまとめ、家計簿を自動作成します。スマホでも使えて、資産管理機能も充実。

有料コースもありますが、基本的な機能の利用は無料です。
数日試用してみたのですが、私が管理したいことがiComptaより随分楽に管理できるので、すっかり気に入り、長いこと使っていたiComptaからあっさり乗り換えてしまいました。

これまでも「複数の口座情報を一括管理」、「家計簿を自動作成」というサービスはありました。
iComptaではいくつもの銀行、証券会社、クレジットカードのデータを全部手作業で入力しているので、これは非常に魅力的。ただ、肝心の小遣いと家計費を分けた管理ができないので、口座の残高を一カ所で確認する位しか用途がありませんでした。

マネーフォワードも同じだろうなと思いつつ、今回試してみました。すると、やりたい管理ができる! しかも非常に楽!

マネーフォワードに乗り換える3つの理由

私がiComptaから乗り換えようと思った理由は大きく3つあります。

1.多数の金融機関やカード情報からの情報取得から費目設定まで自動でやってくれる

一番大きな理由は、なんといってもこれ。

マネーフォワードは、かなりの金融機関やクレジットカードからの自動ダウンロードに対応しています。銀行、クレジットカード、ネット証券と結構いろいろアカウントを持っているんですが、すべて対応していました。

しかも、ダウンロードした明細の情報を見て、費目を自動で設定してくれます。
携帯電話の支払いを通信費、スポーツクラブへの支払いをフィットネスに振り分けてくれますし、
クレジットカードへの支払いを紐付けて二重計上にならないよう、振り替え扱いにもしてくれます。
Amazonの購入履歴の読み込みにも対応しているので、何をいつ買ったのかの記録が自動で登録され、カードの支払い請求に紐付けられるのは、かなり気持ちいいです。

Amazonの購入履歴例

たまに違う費目になっていたり、不明になっていることもありますが、この場合も一度手動で費目を割り当てると、
次回からはその費目に割り当ててくれるようになります。

ちなみに、家計費への立替分の振り替え方法ですが、「家計財布」という仮想の財布口座を用意して、家の買い物は明細を編集してこの口座に振替えています。そうすると買い物をするたびに「家計財布」口座にお金が貯まっていく形になるので、その額を見れば家計費からいくらもらえばいいのかを、把握することができます。

2.レシートからの入力アプリと連携しているので、現金での買い物も楽に記録できる

ネット上での金銭情報が自動で入力できると、後は現金での買い物情報の管理を楽にしたくなります。
マネーフォワードにはiPhoneアプリもAndroid用アプリもあります。これらを使えば買い物をしてすぐに手元で記録することができます。

iPhoneアプリ、Androidアプリはそれぞれ下記のリンク先からダウンロードすることができます(無料)。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の無料家計簿

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の無料家計簿
無料
posted with アプリーチ

さらにマネーフォワードは、レシートを写真に撮って、その文字認識をして入力してくれるReceRecoというアプリと連携しています。レシートを読み取ると、購入した店の情報や、購入したものの品名まである程度読み取ってくれるので、細かい情報を記録するのが、かなり楽になります。ReceRecoから登録した情報は、マネーフォワード上の財布口座と自動で連携するので、レシートのある買い物であれば、かなり入力が楽になります。

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理

【無料家計簿の決定版】ReceRecoレシート撮影で支出管理
開発元:BrainPad Inc.
無料
posted with アプリーチ
2016.3.30追記
今はマネーフォーワードのアプリ自身にもレシート読み取り機能が付きました。
精度も良いのでReceRecoをそのために使う必要はなくなっています。

3.個人用の口座だけを管理するグループ機能がある

今までの自動入力可能な資産管理サービスでは、銀行の1つのアカウントに自分用と家計用の2つのアカウントがあった場合、全部読み取って全て私の資産ですという形でしか管理できませんでした。

マネーフォワードでは、無料会員の場合1つだけという制限がありますが、読み取った明細のうち一部の口座だけを集計・管理するグループを設定することができます。いくつかの銀行で個人用と家計用の口座を両方持っているので、この機能のおかげで小遣いだけの管理ができるようになりました。

まとめ

まだ使い始めて間がないですが、手持ちの口座情報を片っ端から登録してがっつり使い始めています。
銀行、カード、ネット証券とやたら沢山口座を持っているので、iComptaの管理はそれなりに時間と気合いが必要だったんですが、勝手に更新して見やすく整理してくれるので、使っていて楽しいです。
基本無料ですし、これまで金銭管理をやっていなかった人も手間いらずなので、一度試してみることをお薦めします。
金銭管理に目覚めちゃうかも知れませんよ。

『無料でも利用可!「マネーフォワード」でお金の管理を半自動化』へのコメント

  1. 名前:@Max_Ezaki 投稿日:2014/03/13(木) 08:55:54 ID:589fc6ab0

    しばらく使ってたけど、レシートからの自動入力アプリと連動してるのは知らなかった…

    RT @masa_hico: 最近更新した記事 | “お金の管理ツールをマネーフォワードに乗り換える3つの理由” http://t.co/3QdBJIJe2h

  2. 名前:masahico (@masa_hico) 投稿日:2014/03/13(木) 08:05:07 ID:589fc6ab0

    最近更新した記事 | “お金の管理ツールをマネーフォワードに乗り換える3つの理由” http://t.co/OJQHCnDK0Q

  3. 名前:masahico (@masa_hico) 投稿日:2014/03/13(木) 00:03:45 ID:589fc6ab0

    ブログ更新: お金の管理ツールをマネーフォワードに乗り換える3つの理由 http://t.co/9Y0mUj8JpP