ボロボロになった自転車のグリップシフトを交換

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

自転車のハンドルに付いている変速機のグリップシフトがボロボロになっちゃいました。


握るとボロボロ崩れるのでゴムが劣化してるのは気づいてたんですが、とうとう切れて外れるようになったので交換のために、馴染みのおじさんが居る自転車屋に。

自分で交換される方も居るようですが、手先不器用なのでプロにお任せ。

グリップだけ交換というわけにはいかないようで、変速機一式を交換してもらいました。

工賃含めて、3,500円也。

綺麗になりました。ワイヤーもセットで交換して調整してもらったので、ギアが変わりにくかったのも解消。

ママチャリですが、タイヤも交換したし大事に乗ってます。

この記事を書いた人

阿部 雅彦 (まさ)

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中3と小5の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。