京成立石 栄寿司 〜 サクッと食べる立ち食い鮨

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

栄寿司のネタ

葛飾区の京成立石での飲み歩き。

2軒目は「栄寿司」。こちらも京成立石の飲み歩きツアーは初めての私も知っている定番のお店です。

「立ち食い寿司」の看板

15時前後に「宇ち多」を出て、その足ですぐお向かいにあるこちらへ。


▲こちらも行列ができていましたが、10人前後なのと、ここは立ち食い寿司なこともあって、みんなサクッと食べて出るので回転が早いです。待ったのは10分程度。

前に並んでいた団体さんも「宇ち多」から流れてきた「立石ツアー」の方達でした。

お互い酔っ払って良い気分なので、話しながら待ってたらすぐでした。


▲入店するとまず飲み物を聞かれますが、選択肢はお茶かビールのみ。当然ビールを選択。

あとは壁のボードに書かれた、おススメのネタを見ながら好きなものを注文していきます。

2貫ずつ出てくるので、友人と1つずつつまみました。

サバ
▲サバ


▲アナゴ


▲サバ巻き

炙りハマチとサーモン味噌漬け
▲炙りハマチとサーモン味噌漬け(だったかな)

イカ
▲イカ

ヒラメ
▲ヒラメ

並んでいた時に前の団体さんのナビゲーター役の方に、手仕事が入ったネタを勧められたんですが、私たちが入った時点で煮ガキなどの煮物のネタは品切れ。

ネタケースの中の他のネタもだいぶ少なくなっていました。

あとで18時ごろに前を通ったら既に閉店してました。

次は煮物系のネタを狙って1軒目に来たいと思います。

今回始めて気楽に入れる雰囲気なのが分かったので、今度は1人でも来てみたいです。

近所に住んでいるメリットを活かして、また平日にお休みを取って昼に来よう。


関連ランキング:立ち食い寿司 | 京成立石駅青砥駅

この記事を書いた人

阿部 雅彦 (まさ)

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中2と小4の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。