京成立石 「おでんの丸忠」お洒落なおでん屋さんで熱燗を一杯!

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


京成立石飲み歩きの3軒目は、おでん屋さんへ。

おでん種屋さんの横で営業している、「おでん 丸忠」というお洒落なお店です。

私はここ、とても気に入りました。

スポンサーリンク

「二毛作」に行くつもりが、この日はお休み

今回、最初は「二毛作」というおでん屋さんに行く予定でした。

立石に飲みに来るのは初めてながら近所に住んでいると、「宇ち多"(うちだ)」や「栄寿司」と並んでよく聞くお店です。

ただ私の記憶だと「二毛作」も「宇ち多"」や「栄寿司」と同じ商店街のアーケード内にあったはず。

でも、ネットで調べて出てくるのは線路沿いの違う場所。

二毛作

とりあえずその場所に向かってみたら、確かに「二毛作」はあったのですが、この日は臨時休業で入れず。

横から店内を覗くと、おでん屋さんなのにお洒落な感じで、入ってみたかったですが残念。またの機会に。

おでん二毛作 (京成立石/おでん)★★★☆☆3.53 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

元「二毛作」がリニューアルしたのがこちら

それではということで、「二毛作」を探している最中にアーケード内で見かけた、小ぢんまりしたおでん屋さんに伺いました。

丸忠

▲こちらが今回伺った「おでん 丸忠」。お隣が同じ名前の「丸忠蒲鉾店」というおでん種屋さんです。

「二毛作」が元々おでん種屋さんの前で始められたお店だったと記憶していたので後で調べたら、やはりこちらが元々「二毛作」があった場所でした。

「二毛作」が広い店舗に移転して、その後に元の場所でリニューアルしたのが「おでん 丸忠」のようです。

食通のためのグルメメディアdressing「森一起」の記事「東京がほこる酒飲みの聖地・立石ホッピングの要所、おでんと酒が心ゆくまで楽しめる『おでん丸忠』」です。

店内はカウンターが中心で、10名程で満席になる感じです。

我々が伺った時は空いていたのですが、しばらくして満席に。平日のまだ16時前だったんですけどね。

おでん屋さんだけど今風なメニュー

こちらが店内にあるメニュー。

「おでん 丸忠」のメニュー

おでん以外にお刺身のメニューも充実しています。

小さくて気付かなかったのですが、「おじん(おでん+おじや)」「うでん(おでん+うどん)」が気になります。絶対に美味しいやつですね。

お酒も日本酒より先にウィスキーや、自然派ワインが書かれていて、こだわりを感じます。


▲カウンターにはウィスキーが並んでます。ウィスキーは詳しくないのですが赤と緑の「イチローズモルト」はレアな銘柄だそうです。


▲今回は日本酒で。「神亀」の熱燗をいただきました。お通しも美味しかった。

スポンサーリンク

牡蠣のおでんが絶品

3軒目で結構お腹は満たされてますが、せっかくなのでおでんをいただきます。

注文すると、隣のおでん種屋さんから持ってきてくれます。


▲大根とタコ。透き通ったお出汁が凄く美味しいんです。


▲牡蠣のおでんが絶品。同じ出汁なのですが、旨味が出て最高。

大混雑の「宇ち多"」と、立ち食いの「栄寿司」の後だったので、熱燗やりながら一息つけました。

当初の計画と違うお店でしたが、美味しかった。今、振り返ると隣のお店の練り物を食べてませんでしたね。また来ます!

丸忠かまぼこ店 (京成立石/おでん)★★★☆☆3.58 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク