リバウンドを食い止めるために気を付けたい3つのポイント

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


最近の体重の変動状況

最近公開していませんでしたが、体重がジリジリと増加しています。

去年の夏には、最大85Kgから66Kg台まで体重を減らしたんですが、とうとう72Kg台が定着しそうなところまで増えてしまいました。

これはイカン!ということで、初心に返って再度ダイエットに取り組みたいと思います。

現在リバウンドしている原因としてはこれまでできていたことが徹底できなくなっていることが原因だと考えています。そこで、このリバウンドを食い止めるために再び意識して取り組みたい3つのポイントを宣言も兼ねて書いてみます。

スポンサーリンク

リバウンドを食い止めるために気を付けたい3つのポイント

夕食の炭水化物は極力減らす

ダイエットできたのは、夕食に炭水化物を摂るのを控えたからだと思っています。それなのに、ここ最近の夕食の写真を振り返るとこんな感じ。

最近の夕食

寿司、カレー、牛丼にうどん。。

炭水化物祭りです。帰宅して用意がされていたら、仕方のない面もあるのですが、牛丼とかうどんとか自分で選んでますからね。大反省。

炭水化物抜きとまではいかなくても、以前のように夜は控えることを意識したいと思います。

間食せずに水を飲む

最近、残業が多いこともあって帰宅前にお腹が空きます。夕方になると、何か口にしたくなって会社の売店で買った煎餅をボリボリ食べることが多くなってます。

食べなくても平気な日もあるので、これを辞めてみようと思います。

その一方で、一時期は毎日意識して水を飲む量を増やして1.5ℓ飲んでいたのですが、ここのところそこまでしっかり飲めていません。

水を飲んで空腹を我慢するというわけでもないですが、煎餅を食べるくらいなら水を飲んで代謝を上げるようにしたいかなと思います。

運動量を増やす

代謝を上げるためにも、もうちょっと運動量を増やそうと思います。

これも帰宅が遅くなっていることに原因があるのですが、平日の夜にスポーツクラブに行くことが最近できていません。

自分の中でそれが当たり前になっているだけで、行こうと思えば行けるはずなんですよね。

せめて週末以外に平日に一度は行くようにしたいと思います。

朝、ランニングでも良いのですがこれも今の生活では時間が確保できない。。

スポンサーリンク

帰宅が遅いのが大きな原因かな

9月にも立て直すって記事にしているのに、一向に改善されてませんでした。

夕方、間食しちゃったり運動量が落ちてたりするのは、残業で遅くなってるのが原因。

先日受けた立花さんの個人コンサルでも、「自分で『19時で帰る』と決めて帰らないと駄目なのでは?今の状態は自分で望んで残業してるんですよ。」と指摘されてグサグサ来たところでした。まずはここを何とかしないといけないですね。コンサルを受けた翌日に早速残業だったので、かなり意識しないといけないのですが。がんばろ。

この記事を書いた人

まさ

まさ

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中1と小3の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします