スポンサーリンク

羽毛布団の打ち直し ー ダブルをシングル2枚のリフォームに出しました

【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】


羽毛布団のカバーから羽毛が出てくるのが気になってました。

恐る恐るカバーを開けてみたらこんな状態。

もう10年以上毎日使っている布団なので寿命ですかね。どうもどこかから羽毛が漏れている模様。側の生地にも傷みを感じます。

ただ、この布団は当時わりと良いものを買った記憶が。中の羽毛の品質が良かったはずなので、捨てるのはもったいない。

羽毛布団も打ち直して、新しい布団に仕立て直せるのかと調べてみたところ、やってくださる業者さんがたくさん見つかりました。

どこにお願いしようか迷いましたが、打ち直しついでにシングルにリフォームすることも可能な業者さんにお願いすることにしました。

スポンサーリンク

羽毛布団をリフォームに出す手順

ダブル→シングル2枚へのリフォームを選択

今回お願いしたのは「安眠工場」さん。利用したのはこちらのコースです。

今と同じダブルのままなら、もっと安いんですがついでにシングル2枚にリフォームします。布団2枚使う形にしようかと。

2枚といっても1枚は肌掛けレベルのようですが、羽毛の補充量が増えたり、生地が増えたりする分高くなりますね。

溢れ出る羽毛と格闘して梱包して送付

フォームから依頼すると発送用資材として、紙製の布団袋と送り状が送られてきます。

その布団袋に布団を収めて送るだけなんですが、カバーの中は漏れ出していると思われる羽毛で大変。

マスクして、フワフワ舞い上がる羽毛と格闘しながらカバーから引っ張り出したら原因発見。

このまま送ると布団袋の中が大変なことになりそうなので簡単に補修。

布団袋の中に収めて……

梱包終了。指定の番号に電話して引き取ってもらって発送完了。

発送後の連絡が嬉しい

年内の営業日ギリギリに送ったので、年内中に届いたか心配だったんですが、届いたとメールで連絡してもらえました。

また翌日には布団のチェック結果の連絡もありました。細かく連絡もらえると安心です。

中の羽毛はやはり質が良いものだったようで問題なくリフォームできるようです。側の生地は質が落ちるから了承してねということも書かれてました。両方ともちゃんと確認していただけた感じです。

この後、羽毛を洗浄して補充して新しい布団にしてもらいます。

スポンサーリンク

あとがき

リフォームには1ヶ月以上かかるようなので、その間は客用布団で過ごします。フカフカになって戻ってくるのが楽しみです。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク