「超」整理手帳 〜 バーティカルタイプで長期間の予定も確認可能なコンパクトな手帳

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


来年のスケジュール管理をどうしようか考えた結果、久しぶりに『「超」整理手帳』を使うことにしました。

以前何年間も愛用していたのですが、「ほぼ日手帳」に乗り換えたのをきっかけにしばらく使っていませんでした。

今回、スケジュール管理に特化して使う手帳には、やはりこの手帳かなと再びシートを購入しました。7年ぶりの復活です。

スポンサーリンク

『「超」整理手帳』とは

『「超」整理手帳』は、A5サイズをさらに半分に畳んだコンパクトサイズの手帳です。

蛇腹型のシートを広げると、長期間の予定もまとめて確認することができます。

特殊な形状のせいか、周辺であまり利用者を見かけないのですが、スケジュール管理には良い手帳です。

バーティカルタイプのシートが素晴らしい

「超」整理手帳のシートには、1週間の日付が縦に並んだオリジナルタイプのシートの他に、日付が横に並んだバーティカルタイプのシートが存在します。

バーティカルタイプの手帳はどの時間帯に予定が入っていて、どの時間帯が空いているのかが一目で分かるのが特徴です。

「超」整理手帳の場合、その状態を何週間かまとめて見渡すことができます。

以前使っていた期間の途中から販売された、このバーティカルタイプのシートが私は非常に気に入っています。

当然、今回もこのタイプのシートを購入しました。1つの予定を書くスペースが時間帯で決まる分、狭くなるのが難点ですが、書いたスケジュールが分かりやすいメリットの方が大きいです。

細かい字を書いて、消すこともできるよう、筆記具には0.3mmのシャープペンシルを使う予定です。

▲以前利用していた際のシートを見つけました。バーティカルなのに、長期間の予定も見通すことができます。

軽くて小さいので持ち歩きやすいのもお気に入り

「超」整理手帳は期間ごとにいくつかのシートに分かれています。

必要な期間のシートだけを専用のカバーに挟めば良いので、手帳がコンパクトです。

私は以前利用していた期間に別売りのカバーを購入していました。

▲今は販売していないイームズのこのカバー。また使えるのが嬉しいです。

スポンサーリンク

あとがき

来年は用途別に手帳を分けようとしています。

スケジュール管理用に別の手帳を用意しようと思いだしたのが、以前愛用していた『「超」整理手帳』です。

カバーがあるので、今年購入したのはシートだけ。コスト的にも安くつきました。

今回ご紹介したバーティカルシートは、スケジュールの状況が一目で分かるのでとてもオススメ。私もまた利用できるのが楽しみです。

上記はシートのみの販売です。カバーも必要な方はこちらをどうぞ。

この記事を書いた人

まさ

まさ

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中1と小3の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします