A5サイズの手帳用カバー 〜「逆算手帳」用にインテリアレザーのカバーを購入

【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】


文房具好きの血が騒ぐ手帳に手を出してしまったのかもしれません。

逆算手帳にはFacebookにユーザーグループが存在します。

このグループでは、使っていて楽しくなるような文房具やグッズが、開発者のコボリさんからだけでなく、ユーザーの方からもたくさん紹介されています。

文房具好きの私としては、見ていたらあれもこれも欲しくなってしまいます。

見た目をデコるためのグッズはセンス的に自信が無いので控え目ですが、それでもいくつかのグッズを購入しちゃいました。

マスキングテープとか、シールといった小物の他に、カバーも購入しちゃいました。

スポンサーリンク

A5サイズのインテリアレザーのノートカバー

「逆算手帳」はA5サイズの手帳なので、市販ノートや手帳用のカバーを利用することができます。

そういうこともあってか、昨年はカバーが付いていなかったようなのですが、今年は最初から透明なカバーが付属しています。

表紙が無地でシンプルなので、表紙をデコって、このカバーを使う方もいらっしゃるようです。

私はデコる自信は無いので、このシンプルな状態のまま使うか、かつて別の手帳用に購入したA5サイズ用のカバーでも良いかと考えていました。

でもユーザーグループで紹介されていた、こちらのカバーが価格も手頃で良さそう。思わず購入しちゃいました。

デザインもシンプルですし、価格も手頃。その割には質感も悪くないので良い買い物をしました。

表紙裏にはポケットが付いています。

とりあえず「ほぼ日手帳」のおまけに付いていた薄い定規とか、簡易の鏡とか、図形を描くためのガイドとかを挿してみました。

背表紙側にはスリットが入っています。

ロディア No.16 とかを挿すと書き心地も良くて良いのでしょうが、高いのでメモをするのを躊躇しちゃいそう。とりあえず、Amazonとかコストコで安く手に入る、ジュニアサイズのリーガルパッドを挿してバリバリとメモに使う予定です。

また、ペンホルダーも付いています。太い多機能ペンはやはり挿さらないので、引き続きスリムな「フリクションボール2ビズ」を使います。

スポンサーリンク

あとがき

手帳は身近に置いて使うものです。

特に「逆算手帳」自分のワクワク感を引き出して、未来をプランニングするための手帳。

使うのが楽しくなるようなグッズを揃えて、使うのが楽しい手帳にしていきたいと思います。

文房具好きにはそういう理由で、ズブズブはまっていく人が続出する手帳かも知れません。というか、ユーザーグループにそういう方がたくさん。

やー、使う前の準備から楽しい手帳ですね。笑

(おまけ)その他のグッズ

ちなみに冒頭の写真で載せていた他のグッズはこちら。マスキングテープはお好みのものをどうぞ。

▲マグネットブックマーカーは今月のページを一発で開くために使う予定。もう少し小さいサイズのを探し中。

▲「My Wish List(やりたいことリスト)」で叶った項目に貼る予定のシール。コボリさんが使われていて良さそうだったので真似っこ。たくさん貼りたい。

この記事を書いた人

まさ

まさ

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中1と小3の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします