手帳やノートと一緒に持ち歩けるペンケース「ペンサム」レビュー

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

バレットジャーナルを始めたので、最近手帳を携帯しています。

手帳やノートを持ち歩く際に悩むのが、書き込むためのペンをどうするか。スーツを着ている時はポケットに差しているんですが、それ以外の時はカバンからペンケースを出したりして不便だったんですよね。

以前はペンホルダー付きのカバーを購入してこの問題をクリアしたんですが、今回はダイソーで売られている「Moleskine」もどきのノート(通称「ダイスキン」)で表紙が硬いタイプで、カバーをするのに向いたノートではありません。

リング形式のペンホルダーでも買おうかなと探してみたところ、もっと良さそうなペンケースを見つけました。キングジムのはさめるペンケース「ペンサム」です。

しばらく使ってみて、とても気に入ったので以下でご紹介します。

スポンサーリンク

はさめるペンケース「ペンサム」レビュー

手帳やノートの表紙にはさむペンケース

「ペンサム」は、その名の通り手帳やノートの表紙にはさんで利用します。フラップ部分にマグネットが入っていて、パタンといった感触で固定することができます。


▲A6サイズの「ダイスキン」にぴったりなサイズ。「ペンサム」には普通のペンケースをはさむ形の製品もありますが、今回購入したのはペンを差すだけの「スリムタイプ」の2本収納用。「スリムタイプ」にもペンの収納力によって、他に1本、3本、5本用があります。

▲表紙が硬くて少し厚みがありますが、これくらいであれば問題無くマグネットが効きます。

「ペンサム」2本収納タイプの収納力

▲細めの「フリクションボール2ビズ」と、引き出しで眠っていた古い「シャーボ」の2本差し。長さもピッタリです。

▲「シャーボ」を「ジェットストリーム 4&1」に変えてみました。収納力的には問題無いのですが、頭の部分がはみ出してしまうのが、ちょっと残念。

▲2本収納用ですが、「フリクションボール2ビズ」「シャーボ」に、蛍光ペンの「マイルドライナー」を加えてみました。

▲少しきつめですが問題無く収まりました。長さ的にも上にほとんどはみ出していません。

スポンサーリンク

まとめ

持ち歩く手帳用にペンホルダーを探していて「ペンサム」に辿り着きました。

ペン1本持ち歩ければ良いと思っていたのですが、複数のペンを手帳と一緒に持ち歩けるので非常に便利です。見た目やサイズ的にもぴったりで、とても気に入りました。

表紙にセットするので手帳を机で開いた時に「ペンサム」の厚みの分だけ膨らんじゃうのと、挟み込むフラップ部分が裏表紙部分にあるので書く時に邪魔になるのが弱点と言えば弱点。

ただ、マグネットを使って表紙をはさんで留めてるだけなので、邪魔だったら外せば良いだけです。

上でも書きましたが、「ペンサム」には今回ご紹介したペンを差す「スリムタイプ」が収納力によって複数選べる他に、ペンケースタイプの製品もあります。

手帳やノートと一緒にペンや文具を持ち歩きたい場合に非常に便利。オススメします!