大量のペンの持ち運びにスライドポーチ型ペンケース「DELDE (デルデ )」が便利!

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


新しいペンケースとしてサンスターの「DELDE (デルデ )」を購入しました。

これが優れもので非常に大容量。

最近フリクションのペンをたくさん持ち歩くようになって、今までのペンケースに入りきらなくなっていたんですが、全て持ち歩けるようになりました。

▲こんな感じで上半分をスライドして下げると簡単にペン立てに変わります。

年末に紹介してもらっていたものの、気に入ったデザインがなくて保留していたんですが、年明けに発表されていた限定デザインが良い感じだったので購入しました。

スポンサーリンク

「ネオクリッツ」では入りきらなくなり…

これまでペンケースには、ファスナーを開くとそのままペン立てになるということで、コクヨの「ネオクリッツフラット」を愛用してきました。

初代の「クリッツ」から買い換えながら使い続けていて気に入ってるんですが、最近増えたペンの量には大きさが足りなくなっていました。

▲マインドマップ用のペン各色の他に、フリクションも4色、手帳に使うスタンプまで数個、手帳に差している多色フリクションボールペンの替え芯まで入ってます。

▲流石に全部入れようとすると、ファスナーが全部閉まりません。

「DELDE(デルデ)」だと大量のペンでも余裕で収納可能

▲とりあえず以前使っていたペンケース(赤いのがそうです)に入っていたペン一式を入れてみました。余裕で収まります。

▲それならばと、「ネオクリッツフラット」に入っていた大量のペン一式を入れたところ、無事収まりました。ファスナーが上にあって余裕がある部分だけで閉めるので大量にペンを入れても閉めにくくなりません。


▲ちょっとギューギュー感がありますが、全部入ってます。前のペンケースでもそうでしたが、スタンプは小さいのでやはり見つけにくいです。ペンケースで携帯するのには無理がありそう。

▲大きさの比較。「DELDE(デルデ)」の方が横幅がありますが、そこまで大きくは変わりません。

▲ついでに手持ちのペンケースを並べてみました。左から初代の「クリッツ」(ペンを入れても安定せずペン立てにしにくかった)、「ネオクリッツ」(芯が入って立てやすくなったけど太くなった)、「ネオクリッツフラット」(ペンの量が少なければ平らにできるようになった)、そして今回購入した「DELDE(デルデ)」

スポンサーリンク

まとめ

手帳をカラフルに書く人や、マインドマップを書く人は大量のペンを持ち歩きたい方が多いと思います。

「ネオクリッツフラット」もかなりたくさんペンが入るケースではあるのですが、今回購入した「DELDE(デルデ)」は今までのペンケースとは比べものにならない大容量です。

上半分をスライドすると、ペン立てになるというギミックも使いやすい上に便利です。

たくさんペンを持ち歩きたいけど我慢している人。このペンケースはいかがでしょう。

今回購入したデニムシリーズは数量限定のようなので気になる方はチェックをお早めに。他にもいろいろな色が用意されています。気に入ったデザインが無いか、ぜひ確認してみてください。

これまで使っていた「ネオクリッツフラット」はこちら。ペン立てにしたいけど、ペンが少ない時はフラットになるこちらがオススメです。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク