「机に向かってすぐに集中する技術」 by 森健次朗 〜 気が散る時に思い出したい技術を知ろう

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

机に向かってすぐに集中する技術

「机に向かってすぐに集中する技術」を読みました。

机に向かって"すぐに強く集中する"ための技術を紹介している一冊。Amazonでベストセラーになっていて目に留まりました。

この本での「集中」とは「自分の力を一点に集める」こと。

そのために必要な技術として、次の内容が紹介されています。

  1. 集中力の発揮を邪魔する原因
  2. 集中力を高めるためのリラックス法
  3. 机に向かってすぐに集中する技術
  4. 集中を持続させる秘訣

この中で私が参考になったのは、やはり「机に向かってすぐに集中する技術」。

具体的な方法がいくつか紹介されているのですが、その中でも「はじめの5文字を"1文字1秒"ずつ読む」「手のホクロを見つめる」「目を閉じて3つの音を探す」はすぐに使えそうなので、今後活用してみようと思います。

作業を始めたり、文章を読んだりしようとしているのだけれど、気が散って没頭できない。

そんな時にまずは何か簡単にできる対象に集中してみることで、対象の作業や文章に集中しやすくなるようです。

集中したい時にまずはジッと見るのに適したカードも付録に付いています。

「気が散るなぁ」という時に思い出したい内容の一冊でした。

マインドマップ

この記事を書いた人

阿部 雅彦 (まさ)

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中2と小4の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。