「逆算手帳」で「やりたいこと」「なりたい自分」を考える

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


来年の手帳を準備しました。

検討の結果、来年は3冊の手帳を使う予定です。

今年の2冊からさらに1冊追加。使いこなせるかな。

そのうちの1冊が「逆算手帳」。

実は私にブログのことを教えてくださった師匠の1人だったりする、コボリジュンコさんが開発された手帳です。

初めて発売された昨年は、既に手帳を決めていたこともあって見送ったんですが、今年は昨年来の盛り上がりを見ていたので発売日にゲット。

発売初日のうちに品切れするなど、Amazonの手帳・カレンダー部門で1位を獲得する凄い人気になっています。

この手帳、一般的な手帳とはコンセプトが大きく異なります。

未来の予定を管理するというよりは、「こうありたい」という未来のビジョンから「逆算」して計画を立てるための手帳です。

スポンサーリンク

「逆算手帳」の中身

この手帳にはやりたいことを書く「My Wish List」や、なりたい自分を描く「Life Vision (ライフビジョン)」といった、一般的な手帳では見慣れない独特なページが多く含まれています。

▲ 「My Wish List」。この手帳を使う際には、まずこのシートに「やりたいこと」を100個書き出すことが推奨されてます。

「Dream」ではなく、もっと気軽な「Wish(やりたいこと)」なのがポイント。自分がワクワクすることをどんどん書き出せば良いそうです。

まずは気軽に書き出して欲しいということで、コボリさんは下書き用のpdfまで用意されています。

また、このリスト。ワクワクを洗い出すということで、以下の記事でご紹介した本が参考になりそうです。

夢がありますか? 毎日、ワクワクして過ごすことができていますか? この質問に「Yes!」と即答できる人には、恐らくこの本は不要...

▲「Life Vision」。いくつかの分野ごとにワクワクする未来を描くシート。先に「My Wish List」で洗い出した「やりたいこと」をベースに考えるようです。

さらにそこから「死ぬまでに実現したいこと」「10年後にどうなっていたいか」と、順番に書き出すシートがそれぞれ続きます。

▲最後は月次の単位で要素ごとに目標の設定と、ガントチャートで計画を書くようになっています。

▲月次のカレンダーシートもありますが、他の方の利用例を見ると予定ではなく、日々の記録を書くのに使っている方が多そうです。

他にもやらないことを書く「Do not List」リスト、理想の1日を書く「Daily Vision」など、まぁ、普通の手帳とは全然違います。

どんな風に使っていくのか考えるのも楽しそうなんですが、この手帳は認定講師の方達が使い方セミナーを頻繁に行われています。

税理士で作家でもある木村聡子(あきらこ)さんも講師のお一人。あきらこさんのセミナーを受けたいのもあって、11月に受講してみることにしました。

【ワークショップ概要】 11月12日・19日、ビジネス書著者によるワークショップ 「逆算手帳」でビジョンを描き、夢を着実にモノにする「逆算思考」を身につけましょう! ... powered by Peatix : More than a ticket.

いわゆる「夢リスト」は毎年書き出そうとしてるんですが、なかなか数が書き出せない私。上記の「ソース」以外にもいろいろと本を読んだり、セミナーで学んだりしているんですけどね。「夢」と大きく構えてしまっていたのが原因かもしれません。

今年はセミナーまでにまずは「My Wish List」に「やりたいこと」を100個書き出すのが目標です。

Facebookページには
更新情報と裏話を紹介します

Twitter で