Twitterから任意のツイートをFacebookに投稿できる「Selective Tweets」

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

Twitterにツイートしようとした時に、Facebookにも同じ内容を投稿したいと思うことはないでしょうか。

でも、コピペしてFacebookにもう一度書き込むのは面倒。

そんな時に利用しておくと便利なFacebookアプリをご紹介します。

スポンサーリンク

「Selective Tweets」でTwitterから任意のツイートをFacebookに投稿

「Selective Tweets」の設定方法

「Selective Tweets」はFacebookで動作するFacebookアプリです。

かなり以前から提供されていて、長期間メンテナンスされていないようなので、そのうち使えなくなるかもしれません。ただ、今のところは問題なく利用することができます。

利用する場合は、まず以下のページで設定を行って、FacebookとTwitterを連携させてください。

Facebook ― Selective Tweets

上記のページはFacebookアプリからでは表示できないことがありました。表示できない場合はSafariなどのブラウザからアクセスしてみましょう。

Selective Tweetsの設定画面

上記の画面が表示されると思います。英語のページですが、赤枠の部分にFacebookと連携したいTwitterのアカウント名を入れて「Save」ボタンを押せば設定完了です。

「Selective Tweets」の利用方法

Twitterでつぶやく際に最後にハッシュタグとして「#fb」を入れるだけです。

「Selective Tweets」がそのツイートをFacebookのタイムラインに投稿してくれます。

Facebookの投稿の共有範囲は、Facebookの「設定」→(Facebookアプリの場合は「アカウント設定」)→「アプリ」→「Facebookログイン」から「Selective Tweets」を探して変更することができます。

Selective Tweetsの共有範囲の設定▲PCのブラウザでは上記の「アプリと投稿の共有範囲」を変更しましょう。

また、一度「Selective Tweets」から投稿した内容の共有範囲を変更すれば、以降の投稿も同じ共有範囲で投稿してくれると思います。

スポンサーリンク

あとがき

Twitterは2007年にアカウントを作成しているので初期から利用しているはずですが、いまいち活用できていません。SNSの利用はFacebookがメインになっています。

もう少し活用していきたいので、「Selective Tweets」を使って、プライベートではない投稿はまずTwitterに投稿する習慣にできないかと考えています。