スポンサーリンク

とにかく動いてみよう 「人生は見切り発車でうまくいく」by 奥田浩美

【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】


人生は見切り発車でうまくいく

現状に不平や不安を感じつつ、思い切って行動に移せない。
どうすれば、うまくいくのかわからない。
そもそも、「やりたいこと」が見つからない。

奥田浩美さんが書かれた「人生は見切り発車でうまくいく」は、こんな気持ちを抱えた方の背中をグイグイ押してくれる本でした。

とりあえず動いてみましょう。

スポンサーリンク

「満を持す」より「見切り発車」

この本が言いたいのは、何か想いがあるのであれば、とにかく動いてみようよ、ということ。

失敗するかも知れないし、ピンチに遭遇するかも知れません。でも、その経験が自信に繋がるということが、奥田さんや奥田さんの周りの方の経験として紹介されています。

「満を持す」ために「じっと考えて動けないなら、30点の状態でもまず動いて試行錯誤する。そのことで、失敗からになるかも知れないけど貴重な経験が得られたり、動くことで知り合える仲間ができたりします。

何も「とりあえず後先考えずに会社を辞めちゃいなさい」ということを言っているのではありません。
何が起こるか見当もつかないけど、とりあえず行動してみることが大事だというのが、本書で書かれていること。

「ちょっとだけ動けそうなときに、ちょっとだけ動く」という言葉が印象に残りました。
ちょっとでいいんです。愚痴を言ってるくらいなら、やれることをやりましょう。

スポンサーリンク

やれることをやってみよう

私自身、いろいろ悩んでいます。

ただ、やはり悩んでいるだけでは何も変わらないなと思って、出不精だった私がセミナーに出て色々な方と話すようになったり、最近では勉強会を主催したり、ちょっとずつ行動を起こすようになりました。

私、元々、ぐずぐずとしていて、思い切りがない人間なんです。それでも行動を起こしてみたことで、少しずつ変わってきている実感があります。

現状に不安・不満があるだけで、ゴールや目標が明確になっていた訳ではないのですが、こういうのも「見切り発車」なんだなと感じました。

今後も、ちょっとずつ、「見切り発車」で行動していきたいと思います。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク