個人名刺を切らしたままにしている理由

【この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。】


個人名刺

明日は参加しているコミュニティの大忘年会。

80名以上の方が集まる予定です。

このコミュニティの方は前向きに行動されている方が多く、場の雰囲気が良いので、とても楽しみにしています。

お互い知らない同士が大勢参加しますし、迷っている方が居れば、今からでもぜひどうぞ!(申込締切がいつまでか把握できてませんが)

イベント開催のお知らせです! 立花岳志と大塚彩子が経営するツナゲルの大忘年会を開催します! 12/16(土)に六本木ヒルズです! 皆さまぜひご参加ください!! 12/16(土) ツナゲル大忘年会 2017 を 六本木ヒルズにて開催します!無敵の2018年を迎えよう!! さよなら2017年!無敵の2018年いらっしゃい!...

ただ、こんな大勢が参加する場なのに、個人名刺がぼぼ無いのをすっかり忘れてました。

今までは挨拶もそこそこにとりあえず名刺を配るという、サラリーマン的な個人名刺の配り方をしていました。

そのためたくさん刷った名刺も結構な勢いで減ったんですが、何となく自分を安売りしてる感覚がありました。

名刺を配らなくても、覚えていてもらえるような存在になりたい。

最近はそんな気持ちが強くなったので、積極的に名刺を配るのは止めるようになり、名刺が減っても何となく増刷する気分になれませんでした。

ただ配る名刺が無いのは、それはそれで覚えていただきたい時に困るかな。早めに増刷なり、次の名刺を作ろうと思います。

ということで、明日初めてお会いする方には多分名刺をお渡しできません。代わりに良ければFacebookでお友達にならせてくださいね。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク