「RAKUNI」財布付きのiPhoneケースをリピート購入

【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】


年明けに購入したiPhoneケースが半年ほどで傷んでしまいました。耐久性に難ありかなと思ったんですが、このケースがとても便利。

機能面ですっかり手放せなくなってしまい、リピート購入してしまいました。

RAKUNI

▲それがこのケース。背面ポケットタイプの「RAKUNI」という製品です。

スポンサーリンク

背面ポケットが超便利なiPhoneケース「RAKUNI」

背面ポケットのおかげで財布要らず

このケースなんですが、普通のケースの背面部分に手帳型ケースのようなポケットが付いた形をしています。

RAKUNIの背面ポケットの様子

▲それがそのポケット。クレジットカードとポイントカードの2枚に千円札を1枚入れています。

本体側にも2箇所スリットが入っているので、そこにもカードを刺すことができます。

ただ、スリットの方はサッと使おうとした際に多少抜きにくいのが難点。

2つのスリットの両方にカードを刺すと、さらにきつくなって抜けなくなるので私はクレジットカードを1枚だけ差しています。

iPhone7自体にもApple Payで、SuicaやiDを登録していますし、差しているクレジットカードにEdyも付いています。

おかげで、コンビニとかちょっとした買い物なら財布が要らなくなりました。いざとなったらポケットに千円札も入ってますしね。

背面ポケットはスタンド代わりにもなる

背面ポケットには他の機能もあります。

背面ポケットをスタンド代わりに

▲開くとスタンド代わりになります。動画等を観る際に、ポンと机に置けるのが意外と便利です。

耐久性には不安が……

冒頭に書いたように、このケースを最初に購入したのは年明けです。

今回は本革の製品を購入したんですが、前回は少し安価なPUレザー(合皮)の「RAKUNI Light」を購入しました。

これまで使っていた「RAKUNI Light」

▲最初に購入した「RAKUNI Light」

背面ポケットの使い勝手は同じなので非常に気に入って使ってたんですが、使っているうちに製品のエッジ部分のゴム(?)が剥がれてきました。

ケースの端が剥がれて、附属のストラップもヨレヨレに…

▲最後は背面ポケットの接合部が剥がれてしまいました。付属のストラップも側面が全部剥がれてヨレヨレに。

端の接着剤が剥がれる

▲背面ポケットが取れたりはしなかったんですが、表面が剥がれてきたので利用を断念。

材質のせいかなと思ったのと、機能はものすごく気に入ったので本革の「RAKUNI」を購入しました。

見た感じ「RAKUNI」のエッジも同じような処理をしているように見えるんですが、どうなりますやら。

ちなみに今回、付属のストラップは早々にリング形式の別のストラップに付け替えちゃいました。

ストラップは別のものに取り替え

機能重視な方にオススメのケース

手帳型のケースは、使うたびにいちいち開くのが面倒だし、開いたカバーが邪魔そう。ただ、あの収納力は便利そうだなと思っていたので、「RAKUNI」を使ってみました。

手帳型ケースと違って、前面部分をカバーしないので保護性能的には落ちるんですが、便利さとどちらを取るかですね。

耐久性に不安はありますが、この便利さには代え難いので当面はこのカバーを使いたいと思います。

「RAKUNI Light」の方だと価格も手頃なので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で