Spigen iPhone 7 ケース ウルトラ・ハイブリッド 〜 硬軟の素材を組み合わせたクリアなケース

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


「つなぎ」のつもりで購入したiPhone 7用のケースが思ったより良い感じなのでご紹介します。

予約がうまくいったので、iPhone 7は今週末には届く予定です。

iPhone 7を予約!SIMフリー版を発売日に入手するための準備と手順
iPhone 7を予約!SIMフリー版を発売日に入手するための準備と手順
iPhone 7の予約が始まりました。 iPhone 6sは見送りましたが、今回は買う気満々です。 今までソフトバンク版...

届いたらすぐにケースに入れたいところですが、iPhone 6で今使っているabicaseは手作りなこともあって、iPhone 7用をすぐに入手することができません。

本革・手作りのiPhoneケース「abicase 」保護性能バッチリなのに裸持ちの感覚
本革・手作りのiPhoneケース「abicase 」保護性能バッチリなのに裸持ちの感覚
iPhone6を購入してから使っていたケースにひびが入って、強度に不安が出てきたので買い換えることにしました。 選んだのは「abic...

これまで毎回最初に装着するケースには、購入した新しいiPhoneの全体がよく見える、透明なケースを選んできました。

そこで今回もまずはクリアケースを選んでみたんですが、これが思ったよりもよかったのでご紹介します。

スポンサーリンク

2つの素材を使ったハイブリッド

バンパー部分は柔軟性のあるTPU素材でできています。シリコン素材より硬めですが、クッション性も多少あるように感じます。

また、背面部分は硬めのポリカーボネート素材でできています。これが「ウルトラ・ハイブリッド」と名付けられている理由です。

私はシリコンジャケットのような全体が柔らかいケースは好みではないのですが、このケースだと柔軟性が多少あるのはバンパー部分だけなので、これは悪くないです。

またTPU素材は使っていると変色することがあるようなのですが、これをバンパー部分だけに止めることができます。

▲実際のケースを見ても、2つの素材の差は気になりません。

iPhone 7はまだ届いていませんが、装着イメージということで、ほぼ同じサイズのiPhone 6に装着してみました。

iPhone 6の方が0.1mmとか0.2mmのレベルで、ほんのわずかに小さいんですがぴったりはまりました。

▲カメラ部分はこんな感じです。

iPhone 7ではカメラ部分が少し下になるようなので、iPhone 6に装着するとこうなります。

このケースではギリギリ大丈夫そうですが、逆にiPhone 6用のケースをiPhone 7に使い回そうと考えている方はカメラ部分が隠れないか気をつけた方が良さそうです。

▲今回、他に探したクリアタイプのケースも皆そうだったんですが、ストラップホールがありません。

スピーカーとLightningコネクタ部分の穴に付けてみました。

▲ストラップを付けた状態でiPhone 6に装着してみました。少し窮屈な感じですが、バンパー部分はTPU素材で柔軟性があるので装着できました。

iPhone 7がきたら再度試してみる必要がありそうですね。

ちなみにストラップはこれです。私のはこのメーカーのケースに付属していたものですが落下防止になるし、スタンドにもなるので気に入ってます。

準備は万端。本体が早く来ないかな

ケースも用意して準備万端です。あとは週末に本体が届くのを待つばかり。

早く届かないかな。