タスク管理アプリとリマインダー4つの使い分け ー たすくま、Due、domo Cue、OmniFocus

【この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。】


いろいろ試していたら、タスク管理アプリやリマインダーが溢れかえってしまいました。いろいろ使ってみたいんですよ。

ただ、目的が曖昧だとどこで何を管理しているのかわからなくなります。チェックが漏れたらアプリを使っている意味無し。

そこで今回使うアプリ4つを決めて、それぞれの利用目的を決めました。登録している内容もそれに合わせて整理。

新年のタスク管理はこの形で行っていきます。

スポンサーリンク

タスク管理アプリとリマインダーの使い分け

「Taskuma(たすくま)」は「今日やること(To Do)」リスト

いつもご紹介している「Taskuma(たすくま)」。これは外せません。

Taskuma --TaskChute for iPhone

3,600円
(2017.10.11時点)
posted with ポチレバ

「たすくま」は、毎日その日にやることが一覧された「今日やること(To Do)」リストとして使います。要は今まで通り。

▲「やること」ではあるけど「やらないといけないこと」ではないので、やってないタスクも残ってます。掃除サボってます。

「たすくま」は、もう1年以上毎日使い続けているので、やることが1つ終わったら確認する習慣が身に付いてます。確認しながら、次にやることを決めて行動していきます。

やった結果は勝手にログが残るのも、私にとっては理想的です。

詳細は以下のまとめ記事をどうぞ。

私は毎日使っている時間管理アプリ「Taskuma(たすくま)」。 Taskuma --TaskChute for iPhone3,60...

ただ、「たすくま」は「明日」以降のタスクを管理するのには向いてません。そこで他のアプリを使います。

「Due」は「やらないといけないこと(Must)」リスト

「Due」は、忘れてはいけないことを思い出させてくれる強力なリマインダーアプリです。

こちらには「やらないといけないこと(Must)」を登録しています。

▲こんな感じ。週末忘れないようにイングレスのハックに行くのも重要。

リマインダー機能は「Taskuma(たすくま)」にも強力な機能が付いています。

それもあって一時期「Due」は引退していたんですが、バージョンアップして5分とか30分間隔での細かいリマインドの設定ができるようにパワーアップ。

リマインドを見て、やるタイミングを延期することも簡単なので復活して活用することにしました。

「たすくま」は1分か60分間隔のリマインドのどちらかしか選べないのと、タスクごとに間隔を選ぶことができないのが不便なところ。

忘れないようにはしたいけどタスクとしては細かいものも多いので、「たすくま」にはいちいち登録しないことが多いです。

「domo Cue」は「備忘録(Should)」のリスト

「Due」に登録すると、一番間隔を長くしても1時間に一度は通知でリマインドしてくれます。

内容によってはリマインドを繰り返してもらうほど、重要ではない「忘れなければ良い」「やらなくても困らない」程度の項目があります。

こういう備忘録レベルのアイテムに使うのが「domo Cue」。

登録した内容はiPhone標準のリマインダーアプリでも同じものを確認できます。標準アプリより、リストを跨って全体を確認できたり、カレンダーで項目を確認できたりする点で使い勝手が良いのでお気に入りです。

▲登録しているのは、こんな内容。やらなくても問題にはならないことを登録しています。

リストを分けて管理できるので、「買い物リスト」や「ブログネタ」「確認したい記事」のリストなどもこのアプリに登録しています。

上で書いたようにこのリストや登録内容は、標準のリマインダーと共通。なので、あまり活用してませんがSiriで口頭で登録することも可能です。

「OmniFocus 」は「やりたいこと(Want)」リストに使う

利用している中で、一番高額なタスク管理アプリが「OmniFocus 」。連携して使えるMac版も所有しています。

OmniFocus 2

無料
(2017.10.11時点)
posted with ポチレバ
OmniFocus 2

4,800円
(2017.10.11時点)
posted with ポチレバ

▲下はMac版です。

タスクをプロジェクトや場面(コンテクスト)で分類して漏れなく洗い出したり、レビューで見直したりするのに向いている多機能アプリ、なんですが今まで使いこなせていませんでした。

アプリの位置付けというか、役割が決められてなかったんですね。

今回の見直しで「domo Cue」ではなくて、こちらを「備忘録」的に使うことも考えたんですが、違う役割で使うことにしました。

OmniFocusは「やりたいこと」リストに使います。

▲まだうまく分類できてないんですが「なりたい姿」「買いたいもの」「行きたい場所やお店」「食べたいもの」「会いたい人」なんていうリストを作りました。

いわゆる「夢リスト」の管理用なんですが、これなかなか書き出せないんですよね。

まとめ

「やること」「やらないといけないこと」「やった方が良いこと」「やりたいこと」。

タスクにもレベルの差があるので、それらをうまいこと管理するのに複数のアプリを組み合わせてみました。

「Todoist」とか他の評判が良いツールも使ってみたいんですが、まずはこの4つでしばらく運用します。

皆さんの管理したいことに合うアプリがありましたら、参考にしてみてください。

Facebookページには
更新情報と裏話を紹介します

Twitter で