スポンサーリンク

AppleCare契約者は即本体交換 ー iPhone5スリープボタン交換プログラム

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


子供と一緒にブログの夏休みみたいになってました。ペース取り戻していきたいと思います。

iphone5

4月に記事も書いた「iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」。

修理に数日かかるそうだし、代替機は16GBのみということで交換対象ですが今のところ、そんなに問題無かったので様子見をしていました。

そうしたら、AppleCare契約で保証期間内なら、修理ではなくその場ですぐ本体交換だという情報が。夏休みで銀座のApple Storeに行く時間が取れたので、予約を入れてGeniusBarに行ってみました。

10分で手続き完了

AppleStoreに着いて、4階のGeniusBarに行き、予約の名前を伝えて待つこと5分。

要件を伝えたら、「本体交換ですね」とあっさり交換になりました。「あの交換プログラムは保証対象者以外に向けてのものなので、保証期間内であれば交換対応です」とのことでした。

交換プログラムに記載のように数日待つ必要はなく、設定含めて10分で完了しました。

データ量が多いのでバックアップは自宅のPCにしかとっていませんでしたが、電話帳などのデータはiCloudに同期してあったので、最低限のことはすぐ使えるようになりました。早く持ってくれば良かった。

保証は交換から90日間

本体を交換した場合、保証期間は交換から90日間になります。AppleCare等、保証期間内の場合はその期限と比較して長い方になります。私の場合は、9月でAppleCareの期間切れるので少し保証期間が延びることになります。

ケーブルも保証対象

今回、試しに中の銅線が剥き出しになってしまった同期ケーブルも持っていってみて、保証対象か確認してみました。 そうしたら、このケープルも保証対象とのことで、あっさり交換になりました。

スポンサーリンク

AppleCare加入者は早めに交換しましょう

Genius Barで聞くと、このプログラムでの交換は銀座でも、もうほとんど来ていないそう。

私のように時間がかかることを心配して、交換に行くのをためらっていた方、AppleCare入っているなら、早めにApple Store(またはApple 正規サービスプロバイダ)に持っていきましょう。

持ち込み先が近くに無い方も、どういう対応になるか、Appleに問い合わせてみると良いでしょう。プログラムのページに書かれているのとは対応が異なる可能性がありますよ。

余談

と、この記事を書いていたら、今度はバッテリー交換プログラムですか。

調子が悪くなって、去年の11月に交換に行ったんですが、対象だったんでしょうね。 さすがに今回交換した本体は対象外でした。

参考:iPhone 5 バッテリー交換プログラム – Apple サポート

関連記事

iPhone5ユーザは要確認!スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム | MasaLog

iPhoneを修理 (週ログ 2013/11/10) | MasaLog



MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

更新情報はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク