スポンサーリンク

読みやすい文章を書くための技法 by 萩原涼介 ~ あの人気記事が電子書籍になった! [書評]

【この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。】


相変わらず、文章術に関して良さそうな本があると飛びついてます。

読みやすい文章を書くための技法

萩原涼介さんの電子書籍「読みやすい文章を書くための技法」を読みました。

シンプルな技法の説明と例文がまとめられた、非常に良い本です。

スポンサーリンク

元となったのは文章の書き方に関するあの有名記事

萩原さんは、#RyoAnnaBlogのRyoAnnaさんとして有名なブロガー。

今回の電子書籍は、そのブログの人気記事の内容をブラッシュアップして、まとめられたものです。

その記事がこちら。

『坊っちゃん』自筆原稿 読みやすい文章とは、流れるように読める文章だ。難しい言葉はいらない。気のきいた言葉もいらない。文頭から文末まで振り返ることなく読める文章が、最も美しい。読みやすさの基準は客観的なものだ。読み手には様々な人がいる。老若男女すべての人に対して読みやすい文章を書くのは難しい。ただ、綺麗な文章を書こうと...

文章術に興味を持った方なら、検索して一度は読んだことがあるのではないでしょうか。はてなブックマークが5000以上付いている、超人気記事です。

読みやすい文章を書くための技法について、例文をあげて簡潔に分かりやすく解説している、とても参考になる記事でした。

今回の本はこの記事の内容を磨き上げ、さらに「心に残る文章を書く技法」と合わせて一冊にしたもの。

ボリュームはないのですが、だからこそ繰り返し目を通して自分の書く文章のチェックに使いたい良書です。

価格も250円と手頃ですし、Kindleオーナーライブラリーの対象でもあるのでKindle端末をお持ちなら無料で読むこともできます。

Kindleアプリをインストールすれば、スマホでもPCでも読むことができます。ぜひ読んでみてください。

Amazonの有料会員制度であるAmazonプライムに加入する特典の一つが「Kindleオーナーライブラリー」です。 ただ「K...

最後にとても勇気が出る内容だったので、本書の「おわりに」を引用させていただきます。

文章を書く力は生まれつきのものではない 。努力する事により読みやすい文章を書けると信じたい 。読み手を意識し推敲を重ねれば 、おのずと綺麗な文章になるはずだ 。

私は美しい文章を書けるわけではない 。プライドを持って推敲を重ねているだけだ 。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で