スポンサーリンク

ストレスから抜け出す魔法のパスワード  ー 仕事が「ツライ」と思ったら読む本 by 心屋仁之助

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


仕事の成果が上がらない、仕事相手から怒られる、同僚や上司とソリが合わない。

仕事が「ツライ」と感じる理由は人それぞれ。

私の場合だと、いろんなことが心配でストレスを感じたり、思う通りに進まないと物凄く失敗した気分になったりして「ツライ」と感じます。

私がいろいろな本を読んでいるのは、こんなストレスを少しでも減らして、毎日を楽しんで過ごせたら良いなと思うから。

「ツライ」と感じる仕事を、良い方向に持っていくことができると良いなと考えています。

スポンサーリンク

仕事が「ツライ」から抜け出す魔法のパスワード

今回読んだのは、心屋仁之助さんの『仕事が「ツライ」と思ったら読む本』。心屋さんの本を読むのはこれで4冊目。

あなたが仕事で「ツライ」と感じることは何でしょう?

「ツライ」と感じる時、どんな思いや気持ちでしょう?

例えば、この本では以下のような例が挙げられています。

  • 「ミスが多い」→「情けない」
  • 「同僚とソリが合わない」→「馬鹿にされているように感じて腹が立つ」

「またミスをしたらどうしよう」「あの人、苦手だけど合わせないといけない」と考えることがまず「ツライ」。

そしてその結果、成果があがらず情けなくなったり、同僚に腹が立つ(けど怒れない)のも「ツライ」。

それに対し、この本で「ツライ」から抜け出すために紹介しているのが、次の2つのパスワード。

  • 「してはいけない」→「してもいい」
  • 「しなくてはいけない」→「しなくてもいい」

例えば、上の例だとこのパスワードで、以下のように変えてしまいます。

  • 「ミスが多くてもいい」→「情けなくてもいい」
  • 「同僚とソリが合わなくてもいい」→「腹を立ててもいい」

「いやいや、ミスが多くちゃダメでしょう」「同僚に腹を立てたりしてはダメでしょう」とか、心がざわつくことほど、効果があるそう。

「してはいけない」「しなくてはいけない」というのは、それ以前の経験から脳が勝手に「これは危ない」と判断しているだけのこと。今回も以前と同じことになるかなんて分からないのです。

わざとミスをしようとか、意味もなく同僚に怒りましょうということではないです。

「やってはいけない」「こうじゃないといけない」と脳が勝手に制限していることを外してみようということですね。

スポンサーリンク

まとめ

仕事をしていると、「〜しなきゃ」「〜しちゃマズイ」と思うことが、たくさんあります。

でも、どうなるか分からないことを心配していてもストレスが溜まって「ツライ」だけ。

ただ、自分の脳が信じる「常識」に囚われないようにするのは、なかなか大変かも。

自分が仕事の何に対して「ツライ」と感じているのか自問して、この本のパスワードで紐解いてみたいと思います。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で