2013年のオススメ本 5冊

はてブ、シェアしていただけるとメチャクチャ喜びます!!

【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】


Book 168824 640

昨年は1年で94冊の本を読みました。 内容的にはエッセイや小説から、ビジネス書や健康関連書まで、いろいろです。

今回はその中から、この年末年始に振り返ってみて、オススメしたい5冊をご紹介します。

3冊は非常に影響を受けた本、2冊は非常にはまった本です。

スポンサーリンク

考え方や習慣を変えた3冊

「伝わる文章」が書ける作文の技術 名文記者が教える65のコツ

著者の外岡さんは元・朝日新聞の編集局長。わかりやすい文章を書くためのコツが65個説明されています。

「1文を短くする」、「読点の打ち方」といった基本編から、「書き出しは軽やかに」、「山場のつくり方」といった応用編まで、 それぞれに具体的な文章の改善例がついているので、とてもわかりやすかったです。

「」を付けた文章での句点(。)の付け方などは、この本を読んでから変わりました。
他のコツも常に意識できるようにしたいと思います。

努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方

心理学の観点から、脳の動きに基づいてどう自分をコントロールすればいいのかを理解することができました。

普段の生活の中で、こういう考え方は書かれていたこのことだな、等と気づくようになりました。
まだコントロールできていないので、何度か読み直したいと思っています。

あなたを天才にするスマートノート

この本については記事も書きました。

読み終わってすぐに始めた5行日記ですが、既に1ヶ月以上続いてます。
手書きのノート、結構楽しいです。

そろそろ次のステップとして、毎日1見開きの「論理訓練」にも取り組んでみたいと思います。

関連記事: 1日5行から始めるノート術「あなたを天才にするスマートノート」

読み始めたら止まらなかった2冊

去年は村上春樹さんも、百田尚樹さんも読んだんですが、はまったのはこの2冊。
やっばりSFが面白いです。

「彷徨える艦隊」シリーズ

現在8巻まで出ているので「1冊」ではないですが(汗)

そもそもシリーズものとも知らずに図書館で借りましたが、読み始めたら続きを予約して届くのまで待っていられなくなり、途中からKindle版に切り替えて一気に読みました。

外伝も出ているのですが、こちらは今一乗りきれず未だにKindleの肥やしになっています。

Gene Mapper

2月に読んで、超理系向きだけど面白かったGene Mapper -core- (ジーン・マッパー コア)(当時は「Gene Mapper」がタイトルでした)。

全面改定されたというので試しに読んでみたら、改訂で想像以上におもしろくなっていました。
1年で同じストーリーを2度読んで2度とも楽しませていただきました。藤井太洋さん、超オススメです。

まとめ

1年間読んだ本を振り返るのは初めてでしたが、どの本が自分に影響を与えたかなとか、自分の嗜好とか改めて自覚できた面白いですね。また今年も最後に振り返りたいと思います。

『2013年のオススメ本 5冊』へのコメント

  1. 名前:masahico (@masa_hico) 投稿日:2014/01/06(月) 08:05:09 ID:589fc6ab0

    本日更新した記事 | “昨年のオススメ本 5冊” http://t.co/Rg2icDx3fJ

  2. 名前:masahico (@masa_hico) 投稿日:2014/01/06(月) 00:17:38 ID:589fc6ab0

    ブログ更新: 昨年のオススメ本 5冊 http://t.co/RvWjkGcNGE