頭の中を書き出す「リストマニアになろう!」

【この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。】


頭の中にある「やりたいこと」「やった方が良いこと」「やらなくてはいけないこと」。

こういうのを全て覚えておくのは大変ですし、たいていの場合少しずつ忘れてしまいます。

それを防ぐ一つの方法は忘れてしまっても良いように、頭の中から外に書き出してしまうことです。

今回ご紹介する「リストマニアになろう!」は、こうして頭の中にあることを「リスト」として書き出すことの有効性を教えてくれる本です。

スポンサーリンク

リストに書き出すことで理想の自分を手に入れる

頭の中にあることをリストに書き出す、そして達成したことをリストから消していくことには、以下のようなプラス面があると本書では紹介しています。

  1. 不安が減って時間が増える
  2. 脳のパワーが高まる
  3. 目的に集中できる
  4. 自信が高まる
  5. 思考を整理する
  6. 心の準備ができる

実際、私はタスク管理としてTo Doリストや、忘れ物チェックなどにチェックリストを毎日活用していますが、上記のようなプラス面を感じています。

書き出してしまうと「忘れても良いや」と思えるので気楽になりますし、チェックリストを使うことで実際忘れ物が減りました。

参考: 忘れ物の防止にチェックリストを活用

リストにも色々あります

この本では、その他にもこの本では活用方法として、次のようなリストを紹介しています。

詳細はぜひ本書を読んでみてください。

  • 良い点・悪い点リスト
  • 荷造りリスト
  • 引っ越しリスト
  • 調べものリスト
  • カタログリスト
  • 人生リスト
  • 感謝することリスト

アナログでもデジタルでも

本書では紙に書き出すアナログな方法だけでなく、デジタルな方法についても触れられています。

Evernoteなどのいくつかのアプリが紹介されています。個人的にはTo Doリスト専門のタスク管理アプリ以外で、リストの管理に一番使いやすかったiPhoneアプリは「ListBook」です。

今は「たすくま」を利用していますが、持ち物チェックやレビュー観点のリストに非常に活用していました。

参考:「Taskuma(たすくま)」私の使い方 ー (2)チェックリストで漏れなく実施! | MasaLog

スポンサーリンク

頭の中にあることを書き出してみよう

リストを使って頭の中を書き出す習慣を身に付けてみませんか。

年末のこの時期なら来年やりたいことを書き出してみるのも良いと思います。私も今年はまだなのでこれからやってみるつもりです。

参考:「夢リスト構築セミナー」「やりたい」「ほしい」の蓋を外す考え方を学んできたよ

この記事を書いた人

まさ

まさ

1971年 大阪市生まれ。現在は東京の下町に在住。
都内のメーカーで技術系スタッフとして働くサラリーマンブロガー。
中1と小3の二人の息子の父。
iPhoneアプリを駆使して毎日の行動を記録。人呼んで「変態ライフロガー」。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします