スポンサーリンク

引き寄せの法則 ー 3つの宇宙の法則の腑に落ち感が凄い!

【この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。】


この宇宙には強力な法則が3つあるそうです。

第一の法則が「引き寄せの法則」、第二の法則が「意図的な創造の方法論」、第三が「許容し可能にする術」です。

今回読んだ「引き寄せの法則」では、この3つの法則が説明されています。

この本を読むと「こころ」のことに関して今までに読んだ本の内容が次々繋がってくるのを感じました。

「あ、この話はあの本と同じようなことを書いてる」、「このキーワードは、あの本に出てきた」といった具合です。

嫌われる勇気」や「神さまとのおしゃべり」、「「好きなこと」だけして生きていく。」を読まれた方は、これらの本は同じようなことを書いているなと感じませんでしたか?

私はすべてはこの3つの法則がベースにあるように感じました。

スポンサーリンク

3つの「宇宙の法則」

第一の法則「引き寄せの法則」

第1の法則であり、もっとも強力な法則がこの本のタイトルでもある「引き寄せの法則」。

これは「それ自身に似たものを引き寄せる」というもの。「類は友を呼ぶ」というやつです。

この法則は非常に強力。自分たちの身の回りで起こっていることは、すべては自分の思考が引き寄せていることだと書かれています。

神さまとのおしゃべり」で「その人の現実に、その人が望んでいないことはなに1つとして起こらない。」と書かれていたのはこの法則だったのかと腑に落ちました。

読んだ友人が皆、口々に「良かった」「ヤバい」という評価をしていた「神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-」を読みまし...

自分が思考したことは、たとえそれが「起こらないでほしいと考えた」ことであっても、引き寄せてしまうのです。だから、ネガティヴなことからは距離をおくと良いですね。

第二の法則「意図的な創造の方法論」

法則なのか方法論なのかややこしいですが、この本では「創造の法則」という表現もされています。

第一の法則を応用することで「わたしが考え、信じ、あるいは期待したことは、実現する」というのがこの法則。

「引き寄せの法則」によって思考したことは実現するのだから、意図的に「思考を向けて」「その実現を期待」すると良いのです。

どういう方向に思考を向ければ良いかは、感情をナビゲーションシステムにするということが書かれています。その基準が「心地よい」かどうかということが書かれていてしっくりきました。

この記事でご紹介した本と通じました。

高野雅司さんの「人間関係は自分を大事にする。から始めよう」を読みました。 この本で書かれているのは、人間関係を良くするための考...

ソース」でワクワクに従うというのも同様の話だと思います。やりたいこと、心地よいことといったボジティブなことを引き寄せる意識が重要ですね。

夢がありますか? 毎日、ワクワクして過ごすことができていますか? この質問に「Yes!」と即答できる人には、恐らくこの本は不要...

第三の法則「許容し可能にする術」

3つ目の法則は「わたしがありのままのわたしで、他者がありのままの他者であることを許容し、可能にしよう」というもの。

これも「法則」かなという気はしますが。

他者に引きずられて起きるネガティブな感情に引き寄せられることなく、自分の願いが実現可能だと信じて認める。そうすれば、「引き寄せの法則」によって願うことが実現する。

嫌われる勇気」の「他者の課題」といった話や、「神さまとのおしゃべり」の内容をものすごく意識しながら読んでいました。他者を意識してネガティブな感情で頑張っていても、ネガティブな現実を引き寄せるだけ。他者の課題は割り切って自由になることが重要なんでしょうね。

今回ご紹介する本は、「「好きなこと」だけして生きていく。」。 「神さまとのおしゃべり」に続いて、今までの考え方をひっくり返す「...
スポンサーリンク

法則によって、色々な本が腑に落ちる

この本は、あとがきの表現を借りると、「見えない世界の賢者たち」であるエイブラハムとのチャネリングによる対話集という形。読み始めは何だかとっても胡散臭い感じでした。

回りくどい感じもして、読みにくい面もありましたが、書かれている内容が最近読んできた本と繋がるので最後まで読まずにはいられませんでした。

この法則、意識しておくと色々な本の内容がとても腑に落ちます。この法則、本物だと感じます。

この本の最後で「節目ごとの意図確認」ということが紹介されています。

行動の節目節目で自分が望むこと、心地よいことが何かを確認してその結果を引き寄せること。これをまずは意識して、取り入れてみたいと思います。

MasaLogが気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で